工場・倉庫等の 究極の夏の暑さ対策

  • -23℃の遮熱効果
  • ランニングコストゼロ
  • 電気代削減効果大

こんなお悩みありませんか?

  • 工場や倉庫の暑さに困っている
  • 従業員の熱中症が不安
  • 夏のエアコン代が恐ろしい
  • 夏場の商品保存に不安がある
  • プレハブの暑さを和らげたい
  • 機械の発熱から周囲を守りたい

そのお悩み、プロックス遮熱シートで解決しませんか?

プロックス遮熱シートは、輻射熱に注目した新発想の暑さ対策・熱中症対策建材。
天井や屋根に施工することで、夏場の電気代が抑えられるのはもちろんCO2削減にも効果が。
従業員の働きやすい環境づくりに役立ちます。

また、年間を通じて温度を一定に保つことにつながるので、商品の保管能力も向上。
工場や倉庫の環境性能を高めることで、新規顧客の開拓が期待できます。

-23℃の遮熱効果を実証!室温が約10℃クールダウン

同構造の2つの建屋にて、遮熱シートを「未施工の棟」と「施工した棟」を、サーモグラフィーで温度比較。屋根部の温度に23℃もの違いが出ました。
また、室内温度も約10℃低くなるという結果がでています。

屋根温度のサーモグラフィー比較

室内温度の比較

プロックスの遮熱の仕組み

建物内の厚さの原因のほぼ9割が、太陽からの熱が建物を通って室内を温める「輻射熱」にあるのをご存じでしょうか?

室内温度を上げる3つの熱

建物内の温度を上げる大半は輻射熱です!
暑さ対策を考えるなら、輻射熱をいかに抑えるかが最も重要になります!

プロックス遮熱シートは、この「輻射熱」を97%ブロックする優れた建材。

室温を上げる原因を元からブロックするから、エアコンに頼らなくても温度管理が容易に。まさに新発想の暑さ対策建材なのです。

断熱材や遮熱塗料との違い

断熱材

建屋内の温度を保つ建材として使用されているのが断熱材。でも実は、熱の伝わりを遅らせているだけで
遮熱効果はほとんどありません。また、建築時に壁や天井に施工されるものなので、後から導入しにくい現実も。

遮熱塗装

また既存の建物に施工できる遮熱塗装ですが、塗装ゆえに経年劣化が起こるのが難点。
また、作業者の技量に仕上がりが左右される場合があります。

プロックス遮熱シートの強み

プロックス遮熱シートは、厚さ0.2mmという薄さでありながら破れにくいアルミ素材でできています。しかも施工方法はシートを屋根等に貼るだけ。だから既存の建物に導入しやすくコストパフォーマンスも優秀です。

また遮熱塗装とは違い、効果が均一に発揮されます。屋根内部へ施工するので経年劣化も少なく、ランニングコストを長期間ゼロへと抑えることが期待できます。

国土交通省の認定

本シートのアルミは、高純度のアルミニウムを薄く伸ばしてシート状にしているもので、アルミを蒸発させ素材の表面に付着させた「蒸着アルミ」とは全く異なります。

腐食防止コーティング

反射率の低下やシートの劣化の原因となる「腐食」を防止する特殊コーティングを施しています。

不燃材料

性能評価試験により、「不熱材料」として国土交通省の認定も取得しています。

商品に関するご質問、購入検討、ご相談はお気軽にお問い合わせください。